Youtube動画で学びたい方はコチラ 詳しくはこちら

看護師 転職で内定率を上げる方法

看護師 転職で内定率を上げる方法
  • URLをコピーしました!

看護師としての転職市場は競争が激しく、

理想の職場を見つけることは一筋縄ではいきません。

しかし、正しい戦略と準備で、あなたの内定率は劇的に上がります。

この記事では、看護師が転職で、成功するための具体的なステップを明かします。

履歴書の書き方から面接のコツ、キャリアプランの練り方まで、

あなたの次の職場を掴むための秘訣を紹介。

看護師としてのあなたのキャリアを次の段階に進めるために、

今すぐ知っておくべき情報が満載です!

【関連記事】看護師 転職サイト おすすめランキング

看護師 転職で内定率を上げる方法

目次

看護師 転職で内定率を上げる方法【不採用になる要素を減らす】

不採用続きの看護師が知るべき採用担当の2つの本音と転職成就メソッド

看護師の転職に成功するためには、ただ資格を持つだけでは不十分です。
採用担当者は、看護師が、長期的に病院に貢献できるかどうかを、
深く掘り下げて評価します。
特に、看護師の定着率は、病院にとって重要な指標です。
時間と費用を節約するため、
採用プロセスでは、
候補者の即戦力能力と既存チームとの相性が重要視されます。
患者の信頼を獲得し、迅速に業務を覚える能力も必須ですが、
チーム全体の調和を乱す可能性がある、不適切な採用は避けられます。
これらの要素を踏まえ、
看護師としての転職成功のための戦略を練ることが不可欠です。

看護師 転職で内定率を上げる方法【辞めたい理由別おすすめ転職先】

職場の人間関係や労働環境などが原因で仕事を辞めてたいと思っている看護師は、

全体で約7割いることが「2017年看護職員の労働実態調査」でわかっています。

そこで仕事や辞めたい理由別に、おすすめの転職先を以下の一覧で紹介します。

【今より楽な仕事がしたい】

・クリニック
・検診センター
・介護施設
・保育園
・外来

【資格を活かしたい】

・企業内の医務室や健康管理室
・保険会社などのコールセンター対応
・治験コーディネーター
・臨床開発モニター
・クリニカルスペシャリスト

【ワークライフバランスの充実】

・クリニック
・検診センター
・介護施設
・保育園

【ブランクがある】

・検診センター
・外来
・介護施設
・保育園

【もっと稼ぎたい】

・夜勤専従の看護師として働く
・訪問看護

【キャリアアップしたい】

・専門看護師の資格を取得する

【看護師以外の仕事がしたい】

・治験コーディネーター

【病院以外で働きたい】

・保育園
・介護業界
・訪問看護
・検診センター
・企業
・派遣や単発で稼げる仕事
・自宅で可能な仕事

当てはまった内容がある人は、転職の参考にして下さい!

看護師 転職で内定率を上げる方法【月ごとの採用状況】

おすすめ時期
1月、6月、9月、11月
おすすめではない時期
4月、12月

看護師転職で、

1年間に、特におすすめ・おすすめではない時期をご紹介いたします。

有利な時期を知り、転職を有利に活用してください

1月 おすすめ度:★★★★★

1月は意外にも、看護師の転職にはおすすめの時期です。

その理由として、年末で離職者が増え求人数が増加したり、

4月入社に向けた求人が、出やすくなったりする時期です。

その一方で、年始ということもあり、休職者の動きは活発ではありません。

こうした理由から、求人数の割には競争率が低い傾向にあります。

2月 おすすめ度:★★★★

2月は、全体でゆったりとしている期間です。

求人数は1月に比べて、少なくなります。

しかし、時間をかけて、じっくりやすい時期ですのでおすすめです。

3月 おすすめ度:★★★

4月新人看護師さんが多くなるので、求人数は少なくなります。

募集人員に満たない場合は、求人を出しているところもあります。

しかし、動きだしとしては、遅い傾向にあります。

4月 おすすめ度:

この時期は新人看護師さんが入ってくるため、

人が足りているため、求人数は少ないです。

選択肢が少なくなり、転職時期は、不利になります

焦って決めてしまうよりは、見送るのが良いと思います

5月 おすすめ度:★★

4月新人看護師さんが入ったことで、求人は少ない状態が続きます。

新人研修のために、採用担当者は忙しくなります。

業界全体が慌ただしい時期にもなり、あまり転職時期に向いていません。

また、大型連休もあり、動き出しが遅くなります。

6月 おすすめ度:★★★★★

ボーナス支給時期のため、転職希望者が増加します。

結論として、離職者の補充を行うために、求人数も増えます。

新人看護師さんの研修が落ち着く時期でもあるため、

スムーズに、転職活動ができる時期です。

ただ、今現在働いている職場で、

ボーナスを受け取ってから退職したい場合は、

退職日を決める際に気を付けましょう。

7月 おすすめ度:★★★★

6月の離職者を補うために求人数が増えます。

そのため、多数の求人の中から、選びやすい時期です。

しかし、夏季休暇に入る方もいるため、

急いで転職したい場合は、注意が必要です。

8月 おすすめ度:★★★

夏期休暇や盆休みに入り、人手不足になってしまう時期です。

転職できたとしても、慌ただしい現場になるため、

十分な研修を受けることや、手厚いフォローは求めにくいです。

求人数そのものは多い傾向にありますが、

採用担当者が忙しいため、面談等が進まないなどもあるので注意してください。

9月 おすすめ度:★★★★★

人員強化に向けて、即戦力採用が活発化してきます。

経験豊かな転職希望者には、特に適した時期と言えます。

大量採用を行うところが多いため、

看護師の経験が豊富で、即戦力として、

狙っているのであれば、転職しやすい時期です。

10月 おすすめ度:★★★

9月の大量採用の影響で、求人数は少なくなります。

しかし、人事異動も多いため、

それに伴って、採用をする場合もあります。

また、年末の離職者増加を、見据えて、求人数が増えていきます。

11月 おすすめ度:★★★★★

年明けに向けて、採用活動が活発化するため、求人数が増えます。

転職活動を始める時期としては最適です。

年始に限らず、4月入職を目指す人にも向いています。

12月 おすすめ度:

看護業界全体で、繁忙期を迎え、転職には不向きです。

長期休暇を控えて、現場はとても慌ただしく、

入職したとしても、十分な教育が望めない可能性もあります。

焦って転職活動をするよりは、年明けを待つことをおすすめします。

看護師 転職で内定率を上げる方法【月初?中旬?月末?月内】

月ごとによる時期をご紹介しましたが、

より転職しやすいタイミングで行うために、ポイントがあります。

それは、月半ばに転職活動をすることです。

月初めと月終わりは、採用担当者が忙しいことが多いです

多忙な時期に応募すると、採用担当者の都合がつかず、

後回しになる可能性があります。

月の半ばであれば、

比較的ゆったりとしたて、仕事をしている可能性が高いため、

面接に進むまでの段取りが、スムーズになります。

看護師 転職で内定率を上げる方法【求人の項目を確認する】

介護老人保健施設へ応募する介護職員の志望動機のポイントと例文 | 「カイゴジョブ」介護職の求人・転職・仕事探し

まず、就職試験が、面接だけなのか、筆記試験や小論文があるのか​​、

どのような、申請書類があるのか​​を、事前に確認しましょう。

履歴書、面接依頼書など、さまざまな、応募書類があります。

不注意で申請書類が不足したり、書類を選択しただけで、

却下されたりしないように、注意してください。

「面接でどのような質問をするのか」

「過去の小論文のテーマは?」

「範囲はどこまで?」など

事前に、就職試験の内容を確認することができます。

できれば、採用試験の準備ができるので、

求人率を、大幅に上げることができます。

自分でわからない場合は、

看護師専門の転職サイト担当者に、相談して、情報を入手してください。

看護師 転職で内定率を上げる方法【採用試験の項目を確認】

応募する前に

・応募するのに必要な種類

・採用試験の形式(面接のみかどうか)

・筆記試験や小論文の有無

を確認しましょう。

また、応募先ごとに応募書類の種類が異なります。

いろいろな文字付きの表情のイラスト(女性) | かわいいフリー素材集 いらすとや

応募書類が足りなくて

書類選考で不採用になってしまった…

こうならないよう、気をつけてください。

また、面接の質問内容や小論文のテーマ、筆記試験の出題範囲など、

事前にわかっていれば採用試験の対策もできます。

採用試験が、どのような内容なのか確認しておきましょう。

看護師 転職で内定率を上げる方法【履歴書と職務経歴書の書き方】

内定率を高めるためには、履歴書と職務経歴書の書き方が非常に重要です。

 

これらの書類は、

採用担当者があなたの経験とスキルを初めて知る手段であり、

印象を左右する要素です。

・重要情報の強調: 最新の職歴を先頭にし、看護師としての資格や経験を明確に記載。

・成果の具体化: 看護師としての成果や貢献を具体的な数字や事例を用いて示す。

・個性の表現: あなたの看護観や患者へのアプローチなど、個性を反映させる。

・見やすさと正確さ: 分かりやすいレイアウトと、誤字脱字のない正確な文章。

具体的かつ戦略的に、自己をアピールする方法を取り入れることで、

 

他の応募者との差別化が可能になります。

 

例えば、Bさんは看護師としての10年間の経験を生かし、

 

職務経歴書に、具体的な業務内容や達成した成果を詳細に記載しました。

 

また、彼女は、履歴書に個性が映る趣味や資格を加えることで、

 

自身の多面性をアピールしました。

 

その結果、彼女は希望する病院から、

 

複数の面接の機会を獲得しました。

 

看護師 転職で内定率を上げる方法【面接でのコミュニケーションのコツ

看護師の転職面接において、

効果的なコミュニケーションは、内定率を大幅に向上させる鍵です。

面接はあなたのスキル、

経験、そして職場への適合性を、評価する重要な機会です。

明確で自信に満ちたコミュニケーションは、

あなたの専門知識と人間性を際立たせます。

・自己紹介の準備: 簡潔で印象的な自己紹介を準備。

・事例を用いた回答: 経験に基づく具体的な事例を交えて回答する。

・質問の準備: 職場の環境やチームワークに関する質問を準備し、関心を示す。

・非言語的コミュニケーション: 眼差し、姿勢、表情を意識し、積極的な姿勢を示す。

Bさんは面接で自己紹介、過去の経験、

そして将来の目標を、簡潔に伝えることに注力しました。

また、面接官の質問には具体的な事例を用いて答え、

自身の適応能力とチームワークのスキルをアピールしました。

このように、準備と自信に基づくコミュニケーションは、

面接官に強い印象を与え、内定獲得に直結しました。

接遇マナーのチェックを確認したい方はコチラ⇒接遇チェックリスト

関連記事:ブログ記事で読みたい方はコチラ⇒【看護師の面接】良く聞かれる質問30選

看護師 転職で内定率を上げる方法【求人選びのポイント】

内定率を上げるためには、適切な求人選びが重要です。

求人選びは、単に仕事を見つけること以上の意味を持ちます。

看護師の転職市場には様々な職場が存在し、

それぞれに特色と要求されるスキルセットが異なります。

自分のキャリア目標、専門性、そしてワークライフバランスの願望と合致する職場を選ぶことが、

長期的な職業満足とキャリアの発展につながります。

・環境のマッチング: 自身のキャリア目標やワークライフバランスに合った職場を選ぶ。

・専門性と成長の機会: 専門性を深めたり、新たなスキルを習得できる環境を重視。

・評判と口コミの確認: 他の看護師のレビューや職場の評判をリサーチ。

・福利厚生と待遇: 福利厚生や給与水準、勤務条件などを慎重に検討。

専門的なスキルを伸ばしたい場合、

教育研修プログラムが、

充実している職場を選ぶのが良いでしょう。

また、家庭とのバランスを重視するなら、

フレキシブルな勤務体系を、

採用している職場が適しています。

実際に、自分の条件に合った職場を選んだ看護師は、

職場に長く留まり、

キャリアアップの機会も多く得ています。

看護師 転職で内定率を上げる方法【転職市場のトレンド

看護師の転職成功率を高めるには、

業界の最新動向と転職市場のトレンドを深く理解することが鍵です。

看護業界は絶えず進化し、

新しい技術、治療法、そして政策の変化が日常的に発生しています。

これらの情報に精通することは、

転職市場でのポジションを確実に把握し、

必要なスキルセットへの適応に不可欠です。

さらに、市場トレンドの認識により、

どの医療機関が積極的に採用しているか、

需要が高まっている地域や専門分野を把握できます。

近年の看護業界では、

テレヘルスの拡大やデジタル化が大きな動きとなっています。

特定の専門領域や、地域における看護師不足が明らかになっているため、

これらの分野に焦点を当てた転職を考慮する看護師は、

より高い内定率を目指すことが可能です。

最新の転職市場のデータは、

これらの分野での求人増加を示し、

看護師にとって貴重な洞察を提供しています。

看護師 転職で内定率を上げる方法【辞めるタイミングと退職方法】

看護師 転職で内定率を上げる方法【おすすめ転職スケジュール】

転職活動を始める時期 退職する3カ月前
転職しやすい勤続年数 3年以上
転職で勤務開始する時期 4月・10月

になります

看護師 転職で内定率を上げる方法【基本情報】

看護師の転職市場は、

一般的な職種と比べて特異な特徴があります。

看護師は、医療業界における不可欠な職種であり、

人手不足が、常に問題となっています。

それゆえに、看護師の転職市場は活況を呈しており、

看護師の求人倍率は、非常に高いです。

しかし、求人数が多いからと、

言ってすべての看護師がすんなりと、

転職できるわけではありません。

適切な転職を実現するためには、

自身のスキルや経験を的確にアピールし、

企業のニーズに合致した、求職活動を行うことが重要です。

看護師 転職で内定率を上げる方法【自己PRの重要性】

転職活動において、

内定率を上げるための一つの方法は、自己PRの工夫です。

これは、自分のスキルや経験、

特性を適切にアピールすることで、

求人企業に、

自分が最適な人材であることを、認識させるためのものです。

例えば、看護師としての専門知識や技術、

対人スキル、協調性などを、具体的に示すことが有効です。

また、看護師として働く中で培った経験や、

それによって得た成果も強調しましょう。

これらを明確に伝えることで、

企業はあなたを有能な看護師と認識し、

内定を出しやすくなります。

看護師 転職で内定率を上げる方法【看護師転職サイトの活用】

転職で内定を上げるには、看護師転職サイトを利用することです。

しかし、多くの看護師が利用しているため、競争も激しくなっています。

では、どのように活用すれば、内定率を上げることができるのでしょうか。

以下に具体的なコツをいくつかご紹介します。

履歴書・職務経歴書のブラッシュアップ

履歴書や職務経歴書は、

転職活動において、自分をPRするための大事なツールです。

具体的な経験や実績をしっかりとアピールし、

読んだ人が興味を持つような内容にすることが大切です。

目標を明確にする

どのような環境で、

どのような仕事を希望しているのかを、明確にすることで、

自分に合った職場を絞り込むことができます。

その結果、効果的な応募ができ、内定率もアップします。

看護師転職サイト内の情報をフル活用する

看護師転職サイトでは、求人情報だけでなく、

働く環境や面接のコツ、

看護師としてのキャリア形成に関する情報なども、

豊富に提供されています。

これらの情報を活用し、

自分の転職活動に役立てることが大切です。

適切なタイミングで応募する

求人情報には募集期間や募集人数が記載されています。

募集が始まったばかりの時期や、

募集人数が多い時期に応募することで、

競争を避け、内定率を上げることができます。

面接対策を徹底する

最終的な選考は面接での評価が大きく影響します。

看護師転職サイトでは、面接のコツやよく聞かれる質問など、

役立つ情報が提供されているので、

十分に準備をして臨むようにしましょう。

看護師 転職で内定率を上げる方法【転職に失敗しないためには】

転職を決める時、病院への不満だけで、転職を決めてはいけません。

その理由といたしまして、転職の失敗する確率が上がるからです。

転職をするときは、自分にとって譲れない条件を整理して、

転職の優先順位を決めましょう。

看護師 転職で内定率を上げる方法【転職サイトは使うべき?】

転職しようするメリット・デメリットがあります

メリット

・得られる情報が増える

・内定率が上がりやすい

・自分の希望の求人が探せる

デメリット

・担当者からの連絡がしつこい

・希望と違う求人が紹介される

・転職を急がされる

転職を利用することがおすすめしますが、

転職サイトを使わないで、転職する方法もあります

看護師 転職で内定率を上げる方法【まとめ】

いかがでしたか?

転職は、気が遠くなる戦いだと思います。

しかし、これらのステップを踏むことで、

内定率を高め、

自分のキャリア目標に合った、

ポジションを見つけることができます。

何事もそうですか、

諦めないで、転職できるよう心掛けてください。

気を引き締めて、転職活動がんばっていきましょう。

応援しております。

【関連記事】看護師 転職サイト おすすめランキング


看護師 転職で内定率を上げる方法

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

電子書籍3冊+無料レポート2冊の5大特典

目次