Youtube動画で学びたい方はコチラ 詳しくはこちら

看護師の残業を減らすための効果的な取り組み

  • URLをコピーしました!

こんにちは 荒蒔です。

毎日の業務 お疲れ様です。

看護師の仕事は緊急対応や

患者のニーズに応じて変動するため、

残業が多くなりがちです。

しかし、残業が増えると体調を崩すリスクが高まり、

ワークライフバランスも崩れがちです。

この記事では、看護師として

残業を効果的に減らすための取り組みをご紹介します。

≪関連記事≫:看護師 転職による 残業の多い科・少ない科

目次

看護師の残業に関する取り組み【残業が必要な理由】

多くの看護師は、「残業は当たり前」という認識を持っています。

看護師の仕事は、担当する患者の情報を集め、

行動計画を立てることが求められます。

通常、勤務開始の30分前には出勤するのが一般的です。

特に新人看護師は、

1時間前に出勤しないと追いつかないこともあります。

しかし、これらの早出の時間は、

多くの職場で正式な残業とは見なされません。

先輩が帰る前には帰れない

職場の雰囲気にもよりますが、

看護師の間では「先輩看護師が帰る前には帰らない」という

無言のルールがあることが多いです。

特に、縦社会の強い看護の現場では、

このような風潮が見られます。

自身の仕事が終わっても、

先輩の仕事が終わるまで

帰りにくい状況が生じることがあります。

また、先輩看護師が帰るまで

雑用を続けなければならないこともあり、

これらの時間も残業として

カウントされず無給となることが多いです。

急変や緊急入院による残業

看護師の仕事量が急に増える主な原因は、

患者の急変や緊急入院です。

普段の業務だけでも十分忙しいのに、

これらの予期しない事態が加わると、

一気に残業時間が増えます。

急変や緊急入院への対応が終わると、

通常の業務を再開できますが、

それまでの時間は確実に残業となります。

看護記録作成にかかる時間

看護師の仕事には、

看護記録の作成も含まれており、

多くの時間を要します。

勤務時間中は、まず患者のケアを優先するため、

看護記録の作成は勤務時間が

終わってから行うことが一般的です。

看護計画の評価日には、

さらに時間がかかるため、

この作業による残業時間は無視できません。

また、多くの看護師はコンピュータに不慣れで、

手書きよりも時間がかかる場合が多いです。

これらの時間も多くの場合、

正式な残業とは認識されず無給となります。

このように、

看護師の残業は多くの理由から発生していますが、

効率的な取り組みを行うことで

少しでも減らすことが可能です。

看護師 残業 減らす 取り組み【残業による過労死ライン】

医療職のストレスはあらゆる面でトップクラス?!過労死等防止対策白書から読み解く | 看護roo![カンゴルー]

看護師の場合には、その業務の不規則性や、負担の大きさから、

一般的な業種とは違う、過労死ラインがあります。

看護師 残業 減らす 取り組み【過労死ラインは月60時間】

看護師の残業による、交替勤務の厳しさなどによる、過労死ラインとして

月60時間

標準が提唱されることもあります。

発症前1ヶ月の残業時間が約100時間、

発症前の2~6ヶ月間で月約80時間の残業があれば、

仕事と発症に強い関連があると評価されます。

しかし、看護師の仕事は夜勤があり、

次の勤務まで十分な休息が取れないなど、大変な仕事です。

看護師の時間外労働の過労死ラインは、

一般の過労死ラインよりも、

短い月60時間にすべきだという議論があります。

看護師 残業 減らす 取り組み【約50時間以上は過労死ライン】

現在の1ヶ月間の時間外労働時間を尋ねたところ、

「5時間未満(25.9%)」が最も多く、

「5~10時間未満(18.6%)」、「10~20時間未満(18.3%)」が続き、

40時間未満が全体の91.8%を占めた。

一方、50時間以上という回答も4.0%あり、

時間外労働の上限規制である、

原則月45時間を超えている職場もありました。

1ヶ月間の時間外労働時間は?

そのため、月60時間の残業をしている方の割合が、

多いとまでは言えませんが、もしも当てはまる場合には、

今すぐに、残業を減らすための対策をとりましょう。

看護師 残業 減らす 取り組み【残業で過労死を認めた裁判】

国立循環器センターの看護師が、

くも膜下出血を発症し亡くなった事件について、

遺族が裁判所に訴えました。

つまり、くも膜下出血による死亡が、過労死かどうか?という裁判です。

そのうえで、この看護師の方が、

月に50~60時間の残業を、行っていたことに加えて、

実際に従事していた業務は、入院患者の生活介助の割合が高く、

勤務内容としては、身体的負担の高いものです。

不規則な夜間交代制勤務により、

身体的・精神的に高い負荷を、与えられていたことを認められ、

過労死にあたると認定しました。


看護師 残業 減らす 取り組み【残業を減らすための5つの方法

看護師 残業 減らす 取り組み【効率的なタスク管理】

看護師の業務は複雑で多岐にわたります。

このため、どのタスクから、

取り組むべきかの優先順位を、明確にすることが大切です。

効率的な行動のためには、業務の流れを理解し、

必要なタスクを計画的に進めることが重要です。

現代では、タスク管理ツールやアプリが進化しており、

これらを活用することで、

日常の業務の効率を格段に上げることができます。

看護師 残業 減らす 取り組み【十分な人手の確保】

多くの病院や医療機関で看護師不足が問題となっています。

これは業務の負担増加や残業の増加を引き起こし、

看護師のモチベーション低下にも繋がります。

そのため、適切な人数の確保は不可欠です。

人員の確保や新しい看護師の採用を促進することで、

業務の効率化と質の向上が期待できます。

看護師 残業 減らす 取り組み【研修や教育の導入】

看護師としてのスキルや知識は絶えず更新される必要があります。

特に新入職者や未経験者には、

しっかりとした研修や教育が不可欠です。

これにより、業務の質を保ちながら、

迅速に対応することが可能となります。

看護師 残業 減らす 取り組み【適切な休憩の取り入れ】

連続的な業務は体力的・精神的な疲労を引き起こします。

短時間でも適切な休憩を取ることで、

集中力を維持し、業務の質を保つことができます。

看護師自身が自分の体調や、

疲れをきちんと管理することが、

良いケアを提供するための基盤となります。

看護師 残業 減らす 取り組み【コミュニケーションの強化】

医療業務はチームワークが重要です。

看護師間、また、医師や他の医療スタッフとの間での、

コミュニケーションの品質が高まることで、

業務の効率や患者へのケアの質が向上します。

明確なコミュニケーションを心がけ、

情報の共有や相談を積極的に行うことで、

ミスを防ぎ、業務をスムーズに進めることができます。

看護師 残業 減らす 取り組み【残業を減らすための工夫】

在宅起業から始める独立開業!在宅起業におすすめの仕事を紹介 | 日本結婚相談所連盟

看護師 残業 減らす 取り組み【生産性を上げる】

看護師の残業を減らすための工夫の1つ目は、

生産性を上げることです。

今、仕事ができない、慣れていない状態化もしれませんが、

経験を積んだり、作業効率を上げることにより、

業務時間を短縮できます

・患者の状態確認
・看護記録の作成
・始業時刻前の情報収集

まず、患者さんの担当順序や、確認手順を工夫することです。

効率的に患者さんの状態を、確認することができます。

また、看護記録の作成については、

担当患者の隙間時間や、

その他の小さな空き時間を記録するなど、時間を有効に活用することができます。

また、開始時間前の情報収集については、

ポイントや、確認すべきポイントを理解し始めれば、

短時間で準備できるようになります。

情報収集の手順については、先輩看護師に聞いてください。

看護師 残業 減らす 取り組み【リーダー看護師に相談する】

看護師の残業を減らすための工夫の2つ目は、

リーダー看護師に相談することです。

残業や仕事が多い場合は、

早めにリーダー看護師に伝え、

余裕のある看護師に、振り分けてもらいましょう。

残業を強要しても、病院が気付かない場合があります。

したがって、他の看護師と比較して、残業が多すぎる場合は、

リーダー看護師に伝える必要があります。

特に恐れず、相談するようにして下さい。

看護師 残業 減らす 取り組み【病院に業務改善をする】

看護師の残業を減らすための工夫の3つ目は、

病院に業務改善をすることです。
まず、作業開始後、情報収集の時間をできる時間を設けましょう
また、電子カルテへのログイン時間を制限するなど、
作業開始前に、情報収集を行うことをお勧めします。
明示的に禁止されていない場合は、
開始時間前に、看護師が自主的に、残業を強いられる雰囲気が生まれます。
次に、医師からの指示を受ける時間を、
閉店時間の30分から45分に制限しましょう
指示を受けても、閉店時間までに、時間を終わらせましょう。
また、2シフトと3シフトの場合の引き継ぎのルールを、
明確にしておくと便利です。
その理由は、引き継ぎのルールが不明確な場合、
次の担当者に負担がかからないようにするためと、
真面目な人は、営業時間外まで働こうとするからです。
次の担当者が、どのような仕事を、
どのくらい引き継ぐかを明確に決めれば、仕事の負担は公平になります。

最後に、人手不足している場合は、

人員を増やさないと仕方がない場合があります。

ですので、現場として、増員していただきたいと思います。

看護師 残業 減らす 取り組み【個人で残業を減らす方法】

医療・介護系のお仕事探しなら|メジョモ

看護師さんの仕事は、急な対応を求められることが多く、

スケジュール通りに進まないことも多いです

人が少ない職場だから、残業は当たり前という考えはよくありません。

まずは、看護師ひとりひとり、残業を減らす意識を持つことが大切です。

いくら人員が充足していても、

生産性が低いと、残業を減らすことは出来ません。

勤務時間内に、業務を終えることは、当然の事。

看護師ひとりひとりが残業を減らすという意識を持ち、

職場全体が残業を減らす意識が高まります。

看護師 残業 減らす 取り組み【処置やケアにどれだけ時間かかるか把握する

1日の行動スケジュールを組むにあたって、

処置やケアにかかる時間を把握することはとても重要になります

通勤や通学するのに、時間を把握していない人はいませんよね。

把握してないと、時間通りに着けませんよね。

それと同様に、処置やケアにかかる所要時間を把握しながら、

スケジュールを組むことで、生産性が上がります

時間を把握することが大切です

看護師 残業 減らす 取り組み【無駄な作業をなくす】

残業を減らすためには、職場の雰囲気作りは、とても重要です。

「残業を減らさなきゃ!!」

と思って、急ぐ必要はありません。

作業効率を考え、無駄な作業をなくす。

時間に余裕があれば、一緒にフォローすることも出来ます。

看護師 残業 減らす 取り組み【やることを整理しておく】

業務内容が多く、日々時間に追われて仕事をしています。

そんな中で仕事を整理するのに有効な方法は

「やることリストを作る」つまりTo Doリストですね

朝、患者さんの情報収集をしている時に、

今日のやることを書き出しましょう

優先順位の高いも順に番号をつけていきます

とりあえず、先に済ませなきゃいけないことを、優先的に終わらせます

付箋に書いておき、終わったら1つずつチェック

優先順位に悩む場合は、とりあえずどっちかを先にしておけばOKです!

やることリストを作るこのひと手間が、大切です

看護師 残業 減らす 取り組み【導線を見直す】

ナースステーションと患者さんの部屋を行ったり来たりしていませんか?

これってかなりの時間の無駄です。

ですので、

なるべく一回で済ませられるようなスケジュールを組む」ということです。

一見簡単に見えまずが、

これが複数の患者さんを受け持っていると、なかなか難しいです。

1回で済むように、努力しましょう。

看護師 残業 減らす 取り組み【残業が多い理由と問題点】

病院では、看護師の労働は24時間365日止まることなく、

急な事態にも対応しなければならないため、

残業は避けては通れません。

しかし、過度の残業は精神的・身体的ストレスをもたらし、

ワークライフバランスを崩してしまうことがあります。

看護師 残業 減らす 取り組み【タスク管理と効率化】

仕事の効率化は、

看護師の残業時間を削減する上で、

最も基本的なステップです。

タスク管理をしっかり行い、

時間を無駄にしないようにすることが重要です。

また、同僚と協力してタスクを、

分担することも効率化につながります。

看護師 残業 減らす 取り組み【マンパワーの確保と人材育成】

人手不足は、残業時間の増加を招きます。

新たな看護師の採用や、

アシスタントスタッフの配置を検討することも、一つの解決策です。

また、スキルアップの機会を提供し、

看護師自身の能力を高めることも重要です。

看護師 残業 減らす 取り組み【労働時間の可視化と改善】

残業が当たり前の職場環境では、

看護師たちは自分がいつ、

どれだけ働いているのかを、忘れてしまうことがあります。

労働時間を可視化し、

残業が多い日や時間帯、

原因を明確にすることで、

具体的な改善策を立てることが可能となります。

看護師 残業 減らす 取り組み【業務の効率化】

タスク管理

日々の業務内容を整理し、優先順位をつけてタスク管理を行います。

専用ツールの導入

業務効率化のための専用ツールやソフトを導入し、日常の作業をスムーズに進めるよう努力します。

看護師 残業 減らす 取り組み【チームワークの強化】

情報共有

チーム内での情報共有を増やすことで、同じ業務の重複を避けます。

役割分担

チーム内での役割を明確にし、効率的に業務を進めることができます。

看護師 残業 減らす 取り組み【休憩の確保】

シフト制の見直し

連続した長時間労働を避けるために、シフト制度を見直すことが有効です。

休憩スペースの確保

短時間でもリフレッシュできる休憩スペースを確保することで、業務効率を向上させます。

看護師 残業 減らす 取り組み【教育と研修】

新人教育の充実

新人看護師が業務に慣れるまでの期間を短縮するための教育を充実させます。

継続的な研修

常に新しい知識や技術を身につけることで、業務の質を高め、効率を上げることができます。

看護師 残業 減らす 取り組み【健康管理の徹底】

定期的な健康診断

定期的に健康診断を受け、体調管理を怠らないようにします。

ストレス対策

仕事のストレスを減少させるための方法を学ぶことで、長時間労働の影響を軽減します。

看護師 残業 減らす 取り組み【残業の少ない病院への転職する】

病院側が改善しない場合は、

残業の少ない病院への転職も検討すべきです。

実際、日本医療労働組合が行った「2017年看護職員の実態調査」によると、

 

「仕事を辞めたい」と「いつも思う」看護師と「ときどき思う」

 

看護師は合計で、約7割います

 

他の病院へ転職したところで、

 

本当に残業時間が減るかどうか、実際は働いてみないと、わかりませんよね。

 

しかし、先ほど説明したように、

 

残業の量については、勤務する病院や科、部署などにより大きく異なります。

 

「残業なし」で看護師を募集する求人も多く存在しますので探してみましょう。

看護師 残業 減らす 取り組み【残業が少ない病院の転職する】

齋藤病院(医療法人社団仁明会)|宮城県石巻市|看護師 求人・転職・募集なら【マイナビ看護師】

月の残業10時間以内」、「残業なし」の傾向がありますので、ご紹介します。

≪回復期リハビリテーション病棟≫

機能回復に向けての看護や介助が主な業務です。

救急搬送がなく、計画入院・予定退院が多いため、

長時間の残業は少ない傾向にあります。

≪慢性期病棟≫

急患や突発的な対応が少ないので、残業は少ない病院が多いです。

長期の入院患者や高齢者が多く、

時間をかけて一人ひとりと向き合った看護が必要。

≪人口透析内科≫

慢性期にも含まれますが、

透析専門内科も残業はあまり多くありません。

透析の専門スキルも身につけられます。

≪皮膚科≫

最も残業が少ないといわれている皮膚科。

重篤患者はめったにおらず、

終了時間の来院がない限り、残業はありません。

予約制を導入している病院もあります。

≪精神科≫

残業が少ない科として、ママさんナースに人気があります。

精神看護は対話力や観察力など、

他の科と違ったスキルが、必要になります。

≪健診センター≫

健診センターの多くは完全予約制で、

一日の人数制限も、設けています。

基本的に残業は、発生しないところが多いです

看護師 残業 減らす 取り組み【残業代金額の計算方法】

保育士は退職金をもらえる?計算方法や制度ありの保育園に転職するコツ│保育士求人なら【保育士バンク!】

それでは、看護師の残業代金額のやり方をお伝えします。

残業代については、以下の方法で計算します。

基礎賃金÷所定労働時間×割増率×残業時間数

基礎賃金は、

家族手当、通勤手当、別居手当、子女教育手当、住宅手当、

臨時に支払われた賃金、

1か月を超える期間ごとに、支払われる賃金以外の賃金の合計額です。

所定労働時間というのは、

病院において決められた労働時間です。

割増率は、法定時間外労働では1.25倍。

残業時間は、法定労働時間外や法定休日、深夜に働いた時間の事です。

例えば、月給30万円の看護師の方が、

月50時間の残業をしたと仮定しましょう。

その場合、月平均所定労働時間を160時間とすると、

1か月分の残業代金額だと

30万円÷160時間×1.25倍×40時間=9万3750円

残業代の消滅時効の期間は2年だと

9万3750円×2年分=225万円

あなたも試してみてください。

またツールでも確認できます。

未払い残業代の請求できるかどうか確認ツールはコチラ⇒

看護師 残業 減らす 取り組み【労働時間の管理と見直し】

適切な労働時間管理は、

残業時間を減らす上で重要な一歩です。

看護師 残業 減らす 取り組み【具体的な方法】

具体的には、毎日の勤務時間を正確に記録し、

必要以上の残業をしていないかチェックします。

また、業務の合理化や効率化を行い、

残業を生む要因を削減します。

看護師 残業 減らす 取り組み【取り組みの効果】

この取り組みにより、

適切な労働時間を維持し、

無駄な残業を、減らすことが可能となります。

看護師 残業 減らす 取り組み【人員配置の見直しと教育】

適切な人員配置と教育は、

業務の効率化につながり、残業時間の削減に役立ちます。

看護師 残業 減らす 取り組み【具体的な方法】

具体的には、業務の需要と人員配置を見直し、

必要な場合には、新たな人員を確保します。

また、教育により職員のスキルを向上させ、

業務効率を高めます。

看護師 残業 減らす 取り組み【取り組みの効果】

この取り組みにより、

業務量と人員のバランスを取り、

業務の効率化を図ることができます。

これにより、残業時間を減らすことが可能となります。

 

看護師 残業 減らす 取り組み【残業代請求は弁護士に依頼すべき】

弁護士に向いているのはどんな人? | 弁護士費用保険の教科書

看護師が残業代請求をする場合には、弁護士に依頼することを強くおすすめします。

看護師 残業 減らす 取り組み【面倒な手続きを丸投げできる!】

面倒な手続きは、

弁護士に丸投げすれば、スムーズに手続きができます。

残業代を請求する場合には、以下の作業が必要になります。

・証拠の収集
・残業代の計算
・交渉や裁判手続

残業代請求については、労働条件についても、

正確に把握する必要があり、慣れていないと大きな負担となります。

交渉や裁判も、専門性の高い手続きであり、

自分自身で行う場合は、時間が掛かってしまいます。

そのため、残業代を請求する場合には、

弁護士に依頼して、これらの手続き丸投げしてしまいましょう。

看護師 残業 減らす 取り組み【正当な残業代を回収できる】

弁護士に依頼すれば、

正当な残業代を、回収できる可能性が高まります。

病院に対して残業代を請求すると、

多くの場合、病院からはそれに対して反論をされます

正当な残業代を取り戻すためには、

法律や裁判例に基づいて、説得的に主張をしなくてはなりません。

また、場合によっては、

裁判手続きなどの、法的な手続きを進める必要があります

そのため、より正当な残業代を回収できるためには、

法律の専門家であるプロの弁護士に、依頼することがおすすめします。

看護師 残業 減らす 取り組み【病院とやりとりをせずに済む!】

弁護士に依頼すれば、

あなたは病院と直接やりとりをせず、残業代の請求をすることができます。

上司との間で、残業を払ってほしいと言ったとしても、

心理的なストレスとを、感じてしまう方もいます。

このようなやり取りは全て弁護士が行いますので、

あなたは病院と、直接残業代について、やり取りをする必要はありません

数時間程度、病院の方と同席する必要が生じる可能性もありますが、

その場合でも、裁判官や弁護士が同席しています。

そのため、病院とのやり取りに抵抗や、

ストレスを感じる場合には、弁護士に依頼してしまうことがおすすめです。

看護師 残業 減らす 取り組み【まとめ】

看護師の残業を減らすための取り組みは、

日常の業務の中での小さな工夫や、

チーム全体の効率化が鍵となります。

上記の取り組みを実践することで、

健康を守りつつ、

より充実した看護の仕事を楽しむことができるでしょう。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

電子書籍3冊+無料レポート2冊の5大特典

目次