転職回数が多くて不利?転職回数と転職を成功させるコツ

転職のノウハウ

こんにちは 荒蒔です

毎日の業務 お疲れ様です

看護師業界では、転職はあたりまえ

ですので、私のブログも、

看護師さんの転職について書いています

しかし、いくら、国家資格がある看護師さんでも、

転職が多すぎると不利になります

しかし、過去のことは、変えられませんよね

そこで本日は、

看護師の平均的な転職回数と、

転職を成功させるコツについて、お話させていただきます

転職サイト:看護師転職サイト おすすめランキング
≪無料特典はコチラ≫

看護師 応援 公式LINE@
電子書籍:看護師さん専用 転職ガイド無料プレゼント

全国の看護師さん応援メルマガ 3大特典無料プレゼント
電子書籍2冊と無料レポート1冊プレゼント

転職回数が多くて不利?転職回数と転職を成功させるコツ

看護師の転職回数はどこからだと多いの?

確かに、看護師さんは転職の多い職業です。

しかし、平均的な転職回数は、どのくらいなのでしょうか?

20代は3回以上

30代は4回

40代は5回を超える

と転職回数が、多いと思われるようです。

転職経験者は20代で 54%

30代になると転職経験者は 70%

になっています。

これは、あくまで平均です。

中には、10回以上転職した看護師さんもいます。

しかし、勘違いしてほしくないのは、

「私は、転職回数少ないから、転職していいんだぁ」

とけして、思わないでください

ちゃんとした、志望動機を、言えるようにしてくださいね

やっぱり転職回数が多いと不利なの?

短期間で辞めると、書類の審査、

面接、採用、人件費などの投資が、無駄になります。

採用面では、すぐに辞める、可能性のある人を雇うのは、

時間とお金の無駄なので、避けたほうがいいです。

目安として、20代から3回まで、30代から4回までの場合、

転職回数が、多いかもしれませんが、採用に支障はありません。

面接官は、転職の数よりも「期間」と「退職の理由」を重視しています。

転職の回数よりも、理由を、尋ねられる可能性が高くなります。

面接を突破するには、面接官の不安をなくす必要があります。

ですので、

あなたが

「協力的」「仕事に責任がある」

「やる​​気がある」「忍耐力がある」

という印象を受けると、面接官が、転職の数で、合否を決めません。

即戦力になる方を、採用されます

転職の多さをプラスに変える!

看護業界では、2、3回転職することも、珍しくありません。

頻繁に転職するということは、さまざまな職場で働く、

経験とスキルがあり、すぐに、仕事ができるということです。

転職の経験を生かし、

やる気があり、職場に対応できることをアピールしましょう。

転職を成功させるコツ:ポジティブな理由はそのまま伝える

スキルアップしたい

自分の資格を生かしたい

勉強したい分野があります

そのままのように、前向きな理由を言っても大丈夫です。

やる気があり、より高いレベルを、

目指したいという気持ちを、積極的にアピールしましょう。

以前の職場には、勉強したい分野や、環境がなかったことを伝えます。

また、 引っ越し、結婚、妊娠、出産、育児、介護などで、

転職しなければならない場合は、正直に言うことができます。

まず正直に言って、今は、同じ理由がないことを明確にしましょう。

転職を成功させるコツ:ネガティブな理由はもちろんNG!!

時間外労働の多さ、労働時間の不一致、

人間関係に合わない、休日が取れないなどの

マイナスの理由で、

転職する場合は、そのまま理由を言わないでください。

自分に何の問題もなく、

環境に問題があっても、正直に言うと印象が悪くなります。

肯定的に、受け取られるように変換するか、

別の肯定的な理由を、検討してください。

まとめ

いかがでしたか?

面接官は、転職の数だけでなく、

転職の背景と理由に焦点を当てています。

転職しても、もちろん心配いりません。

転職が多い場合でも、採用担当者は「採用したい!」と思うことがあります。

ですので、転職活動、頑張っていきましょうね。

転職サイト:看護師転職サイト おすすめランキング
≪無料特典はコチラ≫

看護師 応援 公式LINE@
電子書籍:看護師さん専用 転職ガイド無料プレゼント

全国の看護師さん応援メルマガ 3大特典無料プレゼント
電子書籍2冊と無料レポート1冊プレゼント

コメント

タイトルとURLをコピーしました