認定看護師について

看護師さんの悩み

こんにちは 荒蒔です。

本日の業務 お疲れ様です

本日は、認定看護師についてお伝えします。

看護師や他部署への指導など、病院内での活動範囲が広がる昇進に

添加の影響がある夜勤が減ったり、免除になる事や病院外の仲間が

増えるメリットがあります。

認定看護師になるには、どのような道のりをたどるのでしょうか?

見ていきましょう。

転職サイト:看護師転職サイト おすすめランキング
≪無料特典はコチラ≫

看護師 応援 公式LINE@
電子書籍:看護師さん専用 転職ガイド無料プレゼント

全国の看護師さん応援メルマガ 3大特典無料プレゼント
電子書籍2冊と無料レポート1冊プレゼント

認定看護師教育課程

「看護師」の画像検索結果

看護師は、「認定看護師教育課程」で半年間学び、

「認定看護師認定査定」

の受験資格を手に入れ、認定看護師になるためには、

“5年以上”という看護経験が不可欠です。

認定看護師資格を取得するためには、

以下の4つの前提を達成しておく必須があります。

1.看護師資格を保有している

2.看護師の実務経験が5年以上ある

(うち3年以上専門分野での看護経験が必要。

3.「認定看護師教育課程」で半年間学び、

「認定看護師認定審査」の受験資格を手に入れている

4.「認定看護師認定審査」に合格している

上の前提にも書かれているとおり、「認定看護師教育機構」に

入学できなければ、認定看護師への道は開かれません。

だから、新人の看護士さんが「私、認定看護師になります!」

と言っても理不尽なのです。

認定看護師教育機構

20代看護師の平均年収は約423万円!でも地域格差があるってホント? | 看護師求人のナースキャリアチェンジ

認定看護師教育機構の領域は丸ごとで、21個に分かれていて、

救急看護や訪問看護だけでなく、緩和ケアや不妊症看護など、

色々な専門があります。

つまり、認定看護師は、

“特定方面に強いプロフェッショナルな看護師”

になるための資格なんです。

その上、認定看護師になるために不可欠なもう一つの関門が、

「認定看護師教育組織」への入学です。

この認定看護師の資格、2015年現時点で、累計で約1万6000人もの

看護師が取得しています。

つまり、認定看護師は、助産師につぐ高評価の資格だという事です。

認定看護師とは

「看護師」の画像検索結果

認定看護師とは、救急看護や訪問看護など、

特定の看護のフィールドにおいて、熟練した

看護技術”と“知識”をもっていると認められた看護師の事です。

その中でも、感染管理看護師は、大抵病院などの医療組織に所属し、

ドクター、薬剤師などと院内感染対策チームや同じくの委員会などを

構成して、普段の看護業務や病院内全般における院内感染の

防止など感染症対策を行う看護師のことです。

病院には、20代の若い感染管理看護師さんもいます。

これから若い人たちが活躍できる、社会になって欲しいものです。

転職サイト:看護師転職サイト おすすめランキング
≪無料特典はコチラ≫

看護師 応援 公式LINE@
電子書籍:看護師さん専用 転職ガイド無料プレゼント

全国の看護師さん応援メルマガ 3大特典無料プレゼント
電子書籍2冊と無料レポート1冊プレゼント

コメント

タイトルとURLをコピーしました