看護師2年目による転職求人の探し方

2年目の転職

こんにちは 荒蒔です

毎日の業務 お疲れ様です

あなたが転職を考えるとき、

仕事を見つけるための、最良の方法は何ですか?

ここでは、看護師2年生の転職を考える際の、

就職方法・転職時の注意点・就職のポイントについて説明します。

転職を考える際の参考にしてください。

転職サイト:看護師転職サイト おすすめランキング
≪無料特典はコチラ≫

看護師 応援 公式LINE@
電子書籍:看護師さん専用 転職ガイド無料プレゼント

全国の看護師さん応援メルマガ 3大特典無料プレゼント
電子書籍2冊と無料レポート1冊プレゼント

看護師2年目による転職求人の探し方

そういう意味では、

2年目に、転職することも、珍しくありません。

1年働いても看護師としての、キャリアは、まだ短く、

ですので、就職した看護師に、転職するよりも不利です。

したがって、2年目の看護師が、新しい仕事を探しているとき、

それを見つける最も、簡単な方法は、

看護師の転職サイトに登録し、

2年目でも、歓迎されるという事実を、紹介することです。

もちろん、求人情報誌で自分で検索して、見つけることもできます。

転職サイトでは、一般公開されていない仕事も、扱っているので、

思えない好条件で転職できます。2年目の転職。可能性もあります。

新人のように熱意だけで通すのはNG!?

ありきたりの言葉では刺さらない! 熱意が伝わる志望動機の書き方 | dodaキャンパス

2年生の看護師の場合、

新人のように熱意を持って、頑張ろうとするのはNGです。

現場で、1年しか働いていなかったので、

夢だけを語ったら、前職で、何か学んだことはないかと思います。

一方で、ベテランナースのように、

自分のスキルを、アピールするのもNGです。

1年働いただけで、何でもできる、気がするのではないかと思います。

そのため、2年生の看護師の場合は、

未経験であることを謙虚に認めながら、全くの新人よりも、

有利だと訴え、将来もっと長く働くことで、

即力になることができます。

自分に合った求人を探すポイント!

転職しても、自分に合わないので辞めると、ものすごく不利になります。

自分の合った仕事を探す、いくつかの秘訣があります。

見過ごされがちですが、新しい仕事を選ぶ際には、

病院の運営機関を、よく考えてみる必要があります。

たとえば、公立病院と私立病院では、

重点、給与システム、労働条件が異なります。

もちろん面接時に、確認する必要があります。

経営機関を知っていれば、ある程度予測できます。

職場の雰囲気もチェックが必要!

新しい職場になじめるか不安な看護師さんへ|看護師ライフをもっとステキに ナースプラス

転職で一番大切なことは、職場の雰囲気です。

看護師の女性が多く、

人間関係の難しさから、転職を考えている人が多いからです。

そのため、事前に職場の雰囲気を、確認することが重要です。

そのためには「雰囲気はどうですか?」と聞くのではなく、

面接時には、実際に行って確認したり、

転職サイトに登録したりできます。

情報を収集しておくといいと思います。

転職先の看護体制をチェック!

看護体制強化加算とは?【介護保険】令和3年度介護報酬改定版 | 訪問看護経営マガジン

2006年の医療費改定により、看護システムが患者である場合、

最高ランクの医療費が、約束されます。

看護師= 7:1、したがって、

7:1の看護システムを、

備えた病院で働く場合、その分が給料に反映されます。

また、各看護師の負担を軽減し、

休暇を取りやすくするという、メリットもあります。

一方、看護師としての、スキルを向上させたい場合は、

あえて10:1のような、忙しい職場を選ぶことができます。

まとめ

2年目の看護師の転職は、

「同じ職場で長く働けない人」という、

イメージがありますから、転職には、不利です。

しかし、近年2年目看護師でも、迎えてくれる、病院も増えています。

ですので、看護師2年目で、転職考えてる方、

転職活動 頑張っていきましょう

転職サイト:看護師転職サイト おすすめランキング
≪無料特典はコチラ≫

看護師 応援 公式LINE@
電子書籍:看護師さん専用 転職ガイド無料プレゼント

全国の看護師さん応援メルマガ 3大特典無料プレゼント
電子書籍2冊と無料レポート1冊プレゼント

コメント

タイトルとURLをコピーしました