看護師 就職による 大学病院から民間病院の注意点

看護師さんの転職

こんにちは 荒蒔です

毎日の業務 お疲れ様です

大学病院から民間病院への転職を安易に考えていると、

転職しても、すぐにギャップを感じてしまって辞めたい…

となってしまうこともあるので危険です。

大学病院から民間病院への転職を考えているなら、

それぞれの違いを、よく理解したうえでの、転職をおススメしています。

転職サイト:看護師転職サイト おすすめランキング
≪無料特典はコチラ≫

看護師 応援 公式LINE@
電子書籍:看護師さん専用 転職ガイド無料プレゼント

全国の看護師さん応援メルマガ 3大特典無料プレゼント
電子書籍2冊と無料レポート1冊プレゼント

大学病院から民間病院へ就職の注意点

看護技術が身についていない!?

大学病院では、ほとんどの医療行為が、

研修医を含む、医師によって行われているため、

医師や研修医は、

注入、経路確保、胃管挿入、筋肉内注射、静脈注射、採血なども行っています。

民間での看護師の仕事は、

大学病院の看護師にはないものであり、

転職時に、スキルを持っていない、可能性があります。

大学病院での、経験しか持たない看護師の中には、

主任クラスでも、採血したことがない人もいます。

大学病院から、私立病院に転職するときは、

初めて学ぶことがたくさんあるので、

もう一度、基礎から学ぶつもりで、転職したほうがいいです。

院長や理事、看護師長などの方針が変わる

ソース画像を表示

民間でも、比較的、小さな私立病院であれば、

それまでの方法は、上位の人からの、

1回の指導で、180度変わる可能性があります。

大学病院では、マニュアルに従ったのかもしれませんが、

民間では、上の方々にも、柔軟に対応する必要があります。

民間ではベテラン看護師の方が多い

「ベテラン 看護師」の画像検索結果

大学病院は、同じ年齢層の、

何十人もの人々と、一緒に働いたかもしれません。

民間部門には、同じ年齢の看護師は、

ほとんどなく、同じチームの同じ年齢の人々や、年配の人はいません。

看護師でいっぱいの病院もたくさんあり、

少し雰囲気が違うと思いますので、

面接で、周りの雰囲気を感じてみましょう。

これらを十分に理解した上で、

看護師としてスキルを向上させたい!

看護師として、幅広い技術を身につけたい!

もしそうなら、私立病院への、転職活動を始めましょう。

大学病院から、私立病院に転職するためには、

自分に合った、病院を見つけて、選ぶことが非常に重要です。

常にギャップがあることを理解し、

私立病院を特定して、選択するようにしてください。

まとめ

いかがでしたか?

大学病院から、私立病院への転職を考えると、

私立病院が多く、どちらの病院が、働きやすいのかわからないですよね。

その場合は、事前に、内部情報を入手できる、

看護師の転職サイトを利用すると、効率的です。

転職活動がんばっていきましょう

転職サイト:看護師転職サイト おすすめランキング
≪無料特典はコチラ≫

看護師 応援 公式LINE@
電子書籍:看護師さん専用 転職ガイド無料プレゼント

全国の看護師さん応援メルマガ 3大特典無料プレゼント
電子書籍2冊と無料レポート1冊プレゼント

コメント

タイトルとURLをコピーしました