新人看護師さん 転職成功の道 ~準備編~

新人看護師さんの転職

こんにちは 荒蒔です

本日の業務 お疲れ様です

新人看護師さんで、転職を考えている方は、

早く、転職の準備をしましょう。

新人看護師は経験が浅いため、

求人が出ているからといって、

どこでも受け入れてもらえるとは限りません。

即戦力とならないため、

時期によっては、

受け入れてもらえない医療機関もあります。

初めての転職で、不安があると思いますが、

成功させるためにも、転職の準備をいたしましょう

転職サイト:看護師転職サイト おすすめランキング

≪無料特典はコチラ≫

看護師 応援 公式LINE@ 
電子書籍:看護師さん専用 転職ガイド無料プレゼント 

全国の看護師さん応援メルマガ 3大特典無料プレゼント 
電子書籍2冊と無料レポート1冊プレゼント

新人看護師の転職にベストな月は?

 

転職は4月がおすすめ

新人看護師の転職は、4月をおすすめします。

どんな状況でも、看護師にお勧めですが、

経験の浅い看護師が、転職する可能性が高い時期です。

まず、4月に入社したということは、

年度末までに働いたということで、好意的な評価につながります。

4月に、新卒看護師が採用されると、中途採用者は、

新卒者向けのトレーニングを、受けることもできます。

そのため、スムーズに職場に収まりやすく、

同期もあるので、励みになります。

転職10月は注意

また、転勤シーズンの10月も、

看護師の転職に、適した時期と言われています。

新規参入者には、たっぷりのフォローアップは、期待できません。

ただし、4月の新入社員の職場慣れにより、

採用姿勢は、比較的、定着しています。

したがって、10月の転職は、経験豊富な看護師向けです。

しかし、もしあなたが新しい看護師であり、

すぐ働きたいナースにオススメ!

もう、一度、注意深い教育を受けたいなら、

4月に、就職してみてください。

新人看護師が転職活動を始めるのにおすすめなのは1月

転職は、3か月前から準備しよう

転職活動は早めにとりかかり、

十分な時間をかけて、準備をすることに、したことはありません。

仕事が良いほど、すぐに満員になります。

経験則として、約3か月前に準備を開始します。

転職に最適な時期は、1月です。

4月に、最も多くの求人があることに加えて、求人は1月に始まります。

転職を早期に開始できるのであれば、10月をお勧めします。

年初や年末に、向けて求人が増えており、

人気のある病院などでは、

10月に、2週間しか、求人をしない場合もある。

そして、3月と4月は、転職を始めるときに、

少し注意する、必要がある月です。

3月は欠員が最も少なく、4月に就職する見込みです。

ただし、突然の退職や異動など、

不測の事態が、発生した場合は、急遽採用することがあります。

4月の求人は、新卒にもかかわらず、

看護不足が、続いていることを意味します。

しかし、掘り出し物の求人に、巡り合う可能性もあり、

求人の質に、ばらつきがあるので、注意しましょう。

新人看護師さんが、円満退職するための極意教えます

 

円満退職とは、これまで働いてきた職場を、

お互いが納得と理解をし合った上での、退職のことを言います。

円満退職ができないことで、

その後の、人間関係が、壊れてしまうことのないように、

できるだけ、あとを濁さないように、気を付ける必要があります。

新人看護師は円満退職が難しい?

ぶっちゃけますと、

新人看護師さんで、円満退職は、現実的に難しいです。

看護師長も、必死になって、

退職を止めるために、退職自体を、先送りにしたりします。

1.人手不足な状態で、

 「あなたが辞められたら患者はどうなるの?」と言われてしまう

2.忙しいから今は話が聞けないのでまた今度ね!

               と相談すらさせてもらえない

3.病院の就業規則ではすぐには辞められないことになっている

新人看護師の中には、辞めたいのに辞めるまでに、

半年以上かかった、という人までいます。

そのため、あなたが本当に、退職を考えているのであれば、

退職を止められたとしても、「とにかく退職したい!」という、

強い意思が必要となってきます。

新人看護師が円満退職するためにはどうすればいいの?

新人看護師が、円満退職するにあたっては、相手にも納得と、

理解をしてもらった上で、退職することが何よりも必要ですよね。

だからといって、職場の嫌なところばかりを、言ってはいけません。

管理職に伝えてしまっていては、決して円満退職はできません。

では、どうすればよいか、退職を申し出るにあたって、

できるだけ、自分に非があることを、

           認めながら話をするということが大切です。

例えばこういうことです。

自分自身の勉強不足で、なかなか仕事についていけていないことや、

今の環境のまま、働いていても余裕がなく、

限界にきてしまったとの理由です。

自分自身の甘えや、管理不足から体調を壊してしまったので、

一旦すべてをリセットするためにも、退職をして体を優先にしたい

これが、ベストな答え方とも言えます。

これは、芝居をうったり、嘘を言ってはいけませんよ。

どれだけ、教育体制が、不十分な病院やイジメのあるような、

劣悪な環境で働いていた場合でも、退職するのは自分の責任で、

自分が至らなかったり、悪いといった言い方をすることで、

相手が、あなたの話を聞こうという事になります。

少しでも、自分の話を聞いて、入れてもらえるようになれば、

あとは、もう自分の中で決めたことなので、

堂々と「退職届」を提出するといったようにすると、

最も効果的に話が進みやすくなります。

もちろん、あなたの本当の退職理由を、伝えても構いません。

ただ、その時にもなるべく、

自分の責任でそうなってしまったということを、

言えるようにしましょう。

退職を上司に伝えるタイミングとは?

結論から言うと、上司に退職を申し出るのは、

内定を貰い「この職場に転職する!」

         と確固たる意思が決まった時です。

内定が決まってから退職を申し出ることで、

1.次が決まっているので、無職になる心配がなく、退職できる

2.強い引き止めに合いづらい

3.退職を納得してもらいやすい

内定を貰ってから、退職を申し出る最大のメリットは、

無職になる心配がなく、安心して退職できるということです

一度「辞めます」と言ってしまうと、

内定が出なかった時に、

現職での、居場所がなくなってしまいます。

内定を貰ってからだと、確実に、

次の職場で席が、

確保されているので、何も言い返せない、退職理由ですよね。

しかし、注意点があります。

面接で「これは受かるな」と感じただけで、

もう内定が出たと勘違いしてしまい、

退職を伝えるタイミングを、早まってしまう人がいます。

内定は、書面で通知が来るまで安心はできません。

どれだけ手応えがあっても、

タイミングを逃さないように、慎重になることが大切です。

新人看護師さんでも転職すべき?一歩踏み出せないあなたへ

転職して良いのかどうか迷っていませんか?

「転職したいけれど、新人だから・・・」

「転職に失敗したらどうしよう」

こんな事、思っていませんか?

新人看護師でも転職したいなら、転職すべきなのでしょうか?

答えは簡単です。今すぐ転職すべきです。

軌道修正は早ければ早いほど良い

転職どうしよう・・・と悩んでいないで、即実行!!

看護師人生の軌道修正は早ければ早いほど良いです。

もし、あなたが、今の職場に不満を感じているならば、

それを、我慢していればしているほど、

時間を無駄にしていることになります。

そして、あなたが我慢して、2年・3年と働いているとします。

・面倒な係

・委員会やプリセプター業務

・リーダー業務を任される

このような、業務をリーダーとして任されます。

看護師長からの引き留めが強くなり、

新人の今よりも退職しにくくなります。

また、我慢して働いていると、その環境に慣れてしまって、

本当は、転職すればより良い未来が待っているはずなのに、

今のぬるま湯環境から抜け出すこと、

新しい一歩を踏み出すことに不安を感じてしまい、

ずっと転職に二の足を踏んでいる状態が続くこともあります。

だから、軌道修正するなら、

新人看護師の今のうちにしておくべきなのです。

2年目の転職より新人看護師の今の方が転職しやすい

とりあえず、2年目になってから転職しようと思っていませんか?

とりあえず、多く経験を積んでおこうと思いますよね。

実は、新人看護師の今のほうが転職しやすい!!これ、事実です。

病院は新人看護師を採用して、

採用した新人看護師を1人前に育てるために、

お金と時間、労力を費やします。先行投資のようなものですね。

投資した分を、回収できるのは、

3年目になってからと言われています。

ということは、新人看護師に退職されるよりも、

2年目の看護師に退職されたほうが、

病院としては赤字額が大きくなり、痛手になるのです。

病院が、赤字になるから転職します。

まぁ、そんな方はいないと思いますけど(笑)

これは、どこの病院も同じなので、

2年目での転職は、

転職先の採用担当者から、あまり良い印象を持ってもらえません。

それなら、新人のうちに、

転職してしまったほうが、悪い印象を持たれにくいのです。

第二新卒の病院に採用してもらいやすい

それでは、新人看護師さんは、

どのようなところに、転職すべきなのでしょうか?

それは、第二新卒です。

第二新卒を積極的に、採用している病院は、

新人看護師さんはチャンスです。

そもそも「第二新卒」というのは、

一般的に、1年未満〜3年目までの社会人をさします。

ただし、第二新卒の明確な、規定はないため、

転職サイトや転職先によって、第二新卒の意味合いが異なります。

特に、看護師は、

1年未満の新人看護師のみを、第二新卒とする場合があり、

転職の際には注意しなければなりません。

ですので、新人看護師の方は、ある意味高い評価をしてもらえます。

だから、転職先に困ることなく、転職することができるのです。

その中でおすすめな転職先は

第二新卒の急性期病院です

なるべくなら大学病院!!

第二新卒ですので、ちゃんと教育してくれる転職先を選びましょう

また、新人看護師のときに転職すると、

転職先でも「新人看護師」として、扱ってもらえるので、

丁寧に指導してもらえますし、

即戦力としてのプレッシャーをかけられることもありません。

だから、気楽に働きだすことができます。

新人(第二新卒)看護師に強い転職サイト

 

転職サイトもたくさんありすぎて、どこを使っていいのか分からない!

これが、本音だと思います。わかりますよ!!その気持ち!!

 転職カウンセラーが、厳選した新人(第二新卒)看護師の

サポートに力を入れている、転職サイトをご紹介します。 

第1位 看護ルー(看護roo!)の特徴

看護roo!

≪良い評価≫

求人数が多い:約5万件の公開求人を掲載しています

転職以外のサービスも充実している:

看護ルーでは、転職サポート以外にも

お悩み掲示板」「過去問題集」などサービスが充実しています

≪悪い評価≫

連絡をこまめにしてくれる、面倒見の良い転職エージェントなので、

人によっては負担に感じるケースもあるようです。

電話可能時間をしっかり伝えるようにしましょう

第2位 看護のお仕事の特徴


看護のお仕事は評判悪い!?口コミ7件とサービス特徴を徹底解説! | 派遣会社カタログ

≪良い評価≫

●面接同行サービスが心強い

転職面接に、担当者が同行してくれるので、

面接が不安な人でも、成功できたと評判です

●キャリアアドバイザーと連絡を密にとれる

「いつ電話しても話を聞いてくれた」

「不安を親身になって聞いてくれた」など、 寄り添う姿勢が、高評価です

●面接対策・書類対策が丁寧

キャリアアドバイザーの質が高く、

履歴書・職務経歴書の添削、面接練習をきめ細やかに行ってもらえます

≪悪い評価≫

連絡をこまめにしてくれる、面倒見の良い転職エージェントなので、

人によっては負担に感じるケースもあるようです。

電話可能時間をしっかり伝えるようにしましょう

第3位 マイナビ看護師の特徴

日本最大級 看護師求人サイト|マイナビ看護師

≪良い評価≫

求人量・質ともに申し分なし。提案力も高い

約3万5000件の公開求人に加え、非公開求人も豊富です。

転職者のニーズに沿った案件を、厳選して提案してくれます。

● 転職サポート力が高い

履歴書・職務経歴書の添削はもちろん、面接の練習にも定評があります

●医療機関の情報に精通している

キャリアアドバイザーの情報収集力が高く、

医療機関の働きやすさや、待遇について詳しく知ることができます

≪悪い評価≫

連絡をこまめにしてくれる、

面倒見の良い転職エージェントなので、

人によっては負担に感じるケースもあるようです。

電話可能時間をしっかり伝えるようにしましょう

早期離職から転職の6つのステップ

 

新人看護師が早期離職をする時には、どうすれば良いのでしょうか?

早期離職できるのかがわからないという人も多いと思ですよね。

新人看護師が早期離職をして、違う職場に転職するまでの、

6つのステップを詳しく説明していきます。

ステップ1=看護師長に退職を伝える

新人看護師は、早期離職することを決めたら、

必ず看護師長に退職することを伝えましょう。

この時、看護師長は、

歯周病治療と歯周病予防 | やまのうち歯科医院(宇都宮市・兵庫塚町)歯周病専門医、歯科用CT完備

今辞めるのはもったいないわ。今が頑張り時

と退職を引きとめてくると思います。

もちろん、

これはあなたのためを思って言っている部分もあります。

でも、本当に限界を感じているなら、

「看護師長が引きとめてくれているし」

と思いとどまる必要はありません。

あなたが限界を感じているのに、

引きとめるような、看護師長の元で、働きたいと思いますか?

看護師長様に、言い方が申し訳ないと思いますが、

また、限界を感じるまで気づかなかった、

そのような職場環境にしてしまった、

看護師長と一緒に働きたいでしょうか?

また、看護師長の引きとめは、

早期離職者を出したくないからという、理由があります。

早期離職者を出したら、離職率が上がって、

翌年以降の看護師採用に、悪い影響を与えます。

また、看護師長自身の評価も悪くなります。

だから、あなたを必死で引きとめているのです。

ですから、変な情を見せる必要はありません。

本当に退職したいと思ったら、看護師長に退職を申し出て、

できるだけ早く退職できるようにしましょう。

ステップ2=退職する

看護師長に退職を申し出て、

退職日が決まったら、あとは退職するだけです。

退職願や税金・年金等の手続は、

看護師長に聞けば、

「総務課に行きなさい」など指示してくれるはずです。

また、退職が決まったら、プリセプターや、

今まで、短い間かも知れませんが、お世話になった方に、

必ず「退職します。お世話になりました。」とあいさつをしましょう。

退職する日の全体申し送りの時に、

「退職します。お世話になりました。ありがとうございました。」

と一言あいさつすれば良いと思います。

ステップ3=少し休みましょう

「退職したら、すぐに次の転職先を探さなきゃ!」

と焦ってしまいますが、少し休むようにしましょう。

あなたは、心身ともに疲れていて、疲労困憊の状態だと思います。

そんな状態で、次の転職先探しをしても、

正常な判断をすることができません。

また、間違って、ブラックな求人に、応募してしまうかもしれないのです。

休んで良いといいましても、2週間ぐらいにしましょう。

その理由といたしました、1ヶ月だと、次の職場で面接官に、

嫌な面接官のイラスト(就職活動) | かわいいフリー素材集 いらすとや

この1カ月間何していたの?

とツッコまれた時、答えられますか?ということです。

ただし、「看護師は人手不足だからどこでも受かる」

みたな考え方は、辞めましょう。

そのようなリスクを少なくするためにも、

まずは少し休んで、心身の回復に努めましょう。

そして、気力が戻ってきたら、次の転職先を探すようにしてください。

ステップ4=自分を反省し転職先を絞り込む

新人看護師が早期離職後に、

転職先を探す時には、反省し自分の分析をしましょう。

もう一度、確認しますが、

あなたは、なぜ早期離職してしまったのでしょうか?

これがきちんとわかっていないと、

転職してもまた同じような理由で、

早期離職をすることになりかねません。

新人看護師が2回も、連続で早期離職をしたら、

今度こそ、採用してくれるところがなくなってしまいます。

そのため、きちんと自分自身の分析して、

なぜ早期離職をしたのか、

今度は、早期離職しないためには、

どうしたら良いのかを、しっかり考えるようにしましょう。

新人看護師さんの早期退職の就職先として、

第二新卒を採用している病院を中心に、

求人探しをすることになると思います。

また、新人看護師さんが転職先を探す時には、

まずは、教育制度が整っているところを選んでください。

そして、できれば急性期病院を選んでください。

急性期病院は、看護師としての基礎を身につけることができますので、

早期離職の原因を解決できるのであれば、

急性期病院に、転職することをおすすめします。

どうしても、急性期病院は嫌だという人は、

教育制度が整っていて、できるだけ、

看護スキルを、身につけられるところを選んでください。

ステップ5=採用試験を受ける

転職先を選んで求人に応募したら、次は、採用試験を受けましょう。

先ほども言いましたが、

面接官に、早期離職をした理由を聞かれると思います。

面接官が納得するような、

早期離職した理由を、きちんと答えられるように準備しておきましょう。

難しいく考えず、素直に答えましょう。

もしかしたら、ちょっときつい言葉で

「今度は長く働いてくれるんですか?」

「長く働いてもらわないと困るんですけど。」

と言われてしまうかもしれません。

でも、気にせずに「今度は長く働きます!」と、

明るくやる気を伝えるようにしましょう

ステップ6=必死になって頑張りましょう

採用試験を受けて、無事内定をもらったら、

あとは、必死に頑張るだけです。

今度は、最低でも、一人前の看護師になるまで、

3年間は、その職場で働くようにしましょう。

一人前の看護師になったら、

新人看護師の頃に、早期離職をしたことなんて、笑い話になります。

ですから、必死になって頑張って、

一人前の看護師を目指してください。

退職理由の話し方

 

自己PRと、同じくらいに重要なのは、退社理由ですよね。

面接官の方に、悪い印象を与えてはいけません。

ここでは、どのような言い方を、

すればよいかを、ご紹介いたします。

あなたの、退職理由を見つけてみてください。

人間関係やいじめを苦に辞めた

転職理由で、できるだけ、人間関係やいじめの件には、

触れないようにしましょう。

どんなに相手が、悪い場合ばあいでも、

あなたの性格や、対人関係に、

問題があると、誤解されたら損ですよね。

どのように、答えたらよろしいでしょうか?

ここでは、いじめや人間関係のことについては触れず、

「他にチャレンジしたい仕事ができた」など、

別の理由を、話すようにしましょう。

他に理由などなく、どうしても人間関係に触れる場合、

「人間関係が複雑で、それを理由に、退職する同僚が多い職場でした。

私自身も、どのようにかしようと、努力しようとしたのですが、

やはり、もっと前向きに、仕事ができる職場で、

頑張りたいと、転職を決意いたしました。」

といった前向きな、印象を与える説明をしましょう。

結婚を機に退職した

結婚を機に退職した場合は、

働けるようになった理由も、説明しましょう。

「結婚を機に退職しました」と話になると思います。

一度、家庭に入ったにも関わらず、どうして働こうと思ったか、

みなさん疑問に、思われるかもしれません。

働くことになった理由として

「育児に一区切りついた」

「時間を短縮してなら、働けるようになった」など

理由を、考えてみましょう。

(3)忙しいから辞めた

「忙しいから辞めました・・・・」というと、

「ウチも忙しいよ」と言われるのが、オチですよね。

残業時間が長い・・・

雑務が多く、看護業務に手がまわらない・・・など

「忙しい」は、人によって、捉え方が違います。

このような場合、このように、答えましょう。

「看護業務以外の雑務が多く、患者さんと向き合う、

時間が少ない職場でしたので、これからは、

もっと、一人ひとりの患者さんを、

大切に、ケアする看護を、身に着けたいと思います。」

このように、具体的な、説明がすれば良いと思います。

単に楽な職場に行きたいです・・・と思われないように、

看護業務にもっと専念したいなど、

プラスへの言い方を、忘れないようにしましょう。

また、「勉強会」や「委員会」ありすぎて、

などは、言わないように注意しましょう。

自分の成長のために辞めた

この場合は「やりたい内容」に加え、

「なぜ、前の職場では、それが実現できなかったのか」

を付け足して、言うと良いと思います。

体調を壊して辞めた

体調を壊して、辞めた方も多いと思います。

その時は、

「症状・診断結果・通院中かどうか・服用中の薬」

など、具体的に、話をしましょう。

腰痛やうつ病などの症状は、

業務に、差しつかえがあると、思われてしまいます。

病気や症状は、変に隠そうとせず、

「診断結果」「今も、医師にかかっているか」

「薬は何を服用しているか」

など具体的に話し、応募先に勤務する上で、

支障が出ないか、判断してもらいましょう。

面接官も、同じ看護師の方なので、

しっかりと、公正に、見ていただけます。

親の介護が必要になり辞めた

これも、◆結婚を機に退職した◆と同じ、

再び働けるようになった理由や、

今後も、介護が必要かどうかを、含め伝えましょう。

その理由として、状況や、今後、同じ理由で、

退職する可能性が、あるかどうか、聞かれる可能性があります。

5月イベント 肩くびストレッチってなに? | Re.Ra.Ku

どうして介護が必要で辞めたのに、

ウチで働こうとしているんだろう・・・

と思われないように、しっかり、納得させられる説明を忘れずに!

配偶者の転勤で辞めた

今後の転勤の、可能性も含めて、

応募先が気にするのは、どのくらいの、期間いてくれるだろうか

が、ポイントです。「転勤族ですか?」と聞かれると思います。

もう、転勤する可能性がないのであれば、

はっきりと、「転勤は面子ないと思います」と伝えが良いです。

もし、再び、転勤の可能性がある場合は、

入職後に、トラブルにないよう、

あらかじめ、打ち明けておく方が、良いでしょう。

残業を苦に辞めた

苦を理由でやめて、ストレートに、

伝えるべきかは、残業の程度によります。

30分~60分程度の残業は、ほとんどの職場で状況により、

生じることがあります。

面接官に全く残業ができない人、と誤解を与えないように、

伝える際は、十分に注意しましょう。

看護観の違いから、転職を決意した

ここで言う、看護観というのは、

あなたの看護観を、伝える必要があります。

具体例:「私が思う看護観は〇〇〇というものです。

以前の職場は、✖✖✖という考え方で、

自分の思う看護とは、異なる環境でした。

まさに、自分の理想とするものだと、共感し、応募させていただきました。」

自分の看護観と、合わなかった看護観。

そして、面接を受けている、

医療機関の看護観を、それぞれ、説明するようにしましょう。

次に、転職するにあたって、看護観が合わない施設に、

当たらないよう、事前の情報収集や、面接で質問・確認を

しっかりするよう、心がけましょう。

転職理由は、合否に関わり、重要なものです。

しかし、合格のために、自分の気持ちに、嘘をつく必要はありません。

偽りのない気持ちを、どう印象よく伝えられるかが、ポイントです。

退職交渉を成功させる3つのポイント

 

「退職します」と伝えたとしても、

必ずしも、OKが出るとは、限りません。

伝え方が悪くて辞められなくなった・・・

とならないように、対策を入念にしておきましょう

どうしても続けられない理由を準備しておく

交渉が難しそうだな・・・と事前にわかった場合には、

少し、退職理由を大げさに、準備しておきましょう。

もちろん、嘘はいけませんよ。

ここでのポイントといたしまして、

具体的な病状や、今後のキャリアプランなど、

退職しなければならない理由を、

しっかり説明するよう、心がけましょう。

◆ こんな場合は要注意!!

       引き止めに合いやすい状況 5つ ◆

 

①勤務している職場の看護師が人手不足

➁常勤看護師が少ない職場

➂国公立や、大学病院に勤めていて、3月以外に退職する場合

④自分以外にも、何人か辞める・産休や休職に入る人がいる

⑤そもそも退社理由が弱い場合

◆引き止めにくい退職理由◆

(1)家庭の事情:両親の介護や家事の手伝いなど、

             どうしても、実家に戻る必要があります

(2)とても通えない遠方に、引っ越すことになった

(3)家族が心配して、仕事を辞めろと、

              言っている自分も働く意思がない

その他、結婚や出産なども、理由の一つです。

退職の先輩から学ぶ

退職のしやすさは、職場によって、様々です。

そこで、退社の意思を伝える前に、

同じ職場の人が、

どの様に辞めていったか、リサーチしましょう。

辞めた方の、知恵を借りましょう。

交渉が、難しい時に、アドバイスをいただいたり、

相談する方がいると、安心です。

このほかにも、交渉相手である、看護師長や看護部長の、

人柄・考え方をあらかじめ、分析しておくことも、大切です。

得られた情報から、実行していきましょう。

「辞める」という強い意志を持つ

退職交渉では、「みんなに迷惑がかかるのわかってる?」

「そんな考え方で、他の病院で、やっていけると思っているの?」

など、こんな、強烈な引き止めることが、多いようです。

強烈に引き止められて、退職交渉を、進めることは大変です。

きつい言葉を、浴びせられても、めげないことが大切です。

「もう決めたことですから」ときっぱりいうことが、大切です。

「希望の部署に異動させてあげるから」「夜勤をなくすから」など

甘い言葉にも、はっきりと、断る強い想いを伝えましょう。

転職サイト:看護師転職サイト おすすめランキング

≪無料特典はコチラ≫

看護師 応援 公式LINE@ 
電子書籍:看護師さん専用 転職ガイド無料プレゼント 

全国の看護師さん応援メルマガ 3大特典無料プレゼント 
電子書籍2冊と無料レポート1冊プレゼント

コメント

タイトルとURLをコピーしました