医療事故に備えて看護師賠償責任保険に加入しよう

看護師さんの悩み

こんにちは 荒蒔です

毎日の業務 お疲れ様です

新人看護師で、医療事故を起こさないか、不安だらけだと思います

医療事故を起こさないための対策として、

万が一の備えの「看護師賠償責任保険」をご存じですか?

本日は、入って安心「看護師賠償責任保険」についてお話します

転職サイト:看護師転職サイト おすすめランキング
≪無料特典はコチラ≫

看護師 応援 公式LINE@
電子書籍:看護師さん専用 転職ガイド無料プレゼント

全国の看護師さん応援メルマガ 3大特典無料プレゼント
電子書籍2冊と無料レポート1冊プレゼント

医療事故に備えて看護師賠償責任保険に加入しよう

 

看護師や医師の保険「看護職損害賠償責任保険」をご存知ですか? | ナースときどき女子

看護賠償責任保険は、

看護師が、看護活動を行う際に、発生するトラブルを防ぐ保険です。

責任が発生した場合、

損害賠償が支払われ、弁護士費用および、法定費用が支払われます。

一般に、総合病院などの大病院では、

医療事故や、物的損害事故に備えて、病院賠償責任保険に加入しています。

そうでない場合は、個々の看護師が訴えられます。

個人的に、責任を負う場合があります。

看護師に保険が必要な理由

准看護師とは?准看護師と看護師の違いと目指す前に知るべきこと

認定看護師や、専門看護師を含む看護師の仕事は、

これまで以上に専門的になり、患者に医療を、提供する機会が増えています。

また、看護師の社会的地位も向上し、

社会の職業とみなされ、責任が増しています。

その結果、個々の看護師のミスが、手続きの対象となり、

トラブルにつながる場合が、徐々に増えています。

相手は患者さんとして、心身の状態が悪いため、

小さなミスでも、大事故につながる可能性があります。

リスクから、身を守るためには、保険が必要と考えられます。

看護師賠償責任保険に加入できる職場へ!

新人看護師にとって、医療事故を避けることは、最も重要です。

しかし、医療事故は、解消されません。

どんなに気をつけても、

医療事故を、起こさないシステムを、いくら持っていてます。

しかし、人為的ミスは、

消えないので、医療事故を、完全に防ぐことはできません。

ですので、看護師賠償責任保険に加入をおすすめします。

看護師賠償責任保険に、

加入すると、民事責任の、損害賠償額が保証されます。

一部の病院では、職場のすべての、

看護師が在籍しており、病院に、費用がかかります。

他の病院では、在籍は、個人の自由です。

全員が、参加することを、強制する病院は、安全です。

自由に参加できる病院で、働く場合は、

必ず自分で、看護師賠償責任保険に、加入してください。

また、現在、勤務している病院が、

「看護師賠償責任保険に加入するのは個人の責任です」

と言っている場合は、保険料も、負担する病院に、

全職員に加入させて、転職させたほうが、いいかもしれません。

万が一、医療事故が発生した場合、

自由に参加できる病院では、適切に、保護されない場合があります。

しかし、あなたに参加を強制し、その費用を支払う病院は、

医療事故の場合に、あなたを保護するために、最大限の努力をします。

その姿勢は、強制購読と、費用負担に、反映されています。

また、強制入所・費用負担のある病院は、

医療過誤防止体制の整備や、医療安全教育など、

医療過誤防止への、意識が高いことが多く、

医療過誤のリスクがあります。

また、低いという利点もあります。

看護職賠償責任保険の種類

Concept | 理容室グラシア

加入者数が最も多く、保険料も最も低い保険です。

日本看護協会や、

県立看護協会への加入が、義務付けられています。

・東京海上日動火災保険株式会社

・三井住友海上保険株式会社

・損保ジャパン保険株式会社

が主な引受会社です。

セミナーへの参加は安価であり、医療分野の最新情報を、入手しやすいという利点があります。補

償の特徴は、個人的な補償や、客観的な補償だけでなく、

セクハラなどの法律相談費用も含まれていることです。

2)Willnext(ウィルネクスト)の「看護職向け賠償責任保険」

この保険は、日本看護学校相互扶助協会が所有し、

東京海上日動火災保険株式会社が、引き受けています。

日本相互扶助協会の会員であれば、看護学生さんでも参加できます。

年会費は最低ですが、福祉サービスも付いている、

収益性の高い保険であり、補償額に応じて、2つのプランがあります。

・患者の所持品を紛失した場合の受託者賠償責任保険

・コロナウイルスなどの感染症に感染した場合の感染弔慰金

が含まれているのが特徴です。

3)メディカル保険サービス

保険料は高いですが、最も寛大な保険です。

個人的・客観的な事故は、1億円の補償が可能で、

VIP病棟など、裕福な患者さんの場合が、多い場合におすすめです。

4)大学病院・看護師派遣会社「看護職賠償責任保険」

大学病院や、看護師派遣会社などで、

提供している看護職賠償責任保険もあります。

まとめ

いかがでしたか?

新人看護師は、医療事故の恐れや、医療事故への感受性を認識し、

万が一の場合に備えて、看護師賠償責任保険に、加入する必要があります。

すべてのスタッフを、看護師賠償責任保険に加入させて、

支払いを行う病院に、転職しようとしている、

新人看護師の場合は、転職サイトを使用して、転職を見つけてください。

転職サイト:看護師転職サイト おすすめランキング
≪無料特典はコチラ≫

看護師 応援 公式LINE@
電子書籍:看護師さん専用 転職ガイド無料プレゼント

全国の看護師さん応援メルマガ 3大特典無料プレゼント
電子書籍2冊と無料レポート1冊プレゼント

コメント

タイトルとURLをコピーしました